ホーム > サービス内容 > 生前対策・相続税申告サポート

生前対策・相続税申告サポート

無料個人面談受付中
出張可・土日祝対応OK・豊富な実績

生前対策サポートプランのご案内

生前対策をご検討中の方へ
生前贈与のねらいは、消費活動に意欲的な次世代へ財産を譲り、経済を活性化することにあるといえるでしょう。このため、相続税を支払うよりも有利な措置が受けられるのです。
ぜひこの機会に、どのようなことが可能でどれくらい効果があるのかを確認してみてください。
プラン内容
「生前対策プラン」
内容料金
贈与税申告書の作成2万円より
生前対策のプランニング3万円より
※費用は全て税別表記となっております。
「贈与税申告」
遺産総額料金
1億円未満10万円
2億円未満20万円
3億円未満30万円
4億円未満40万円
5億円以上50万円
※費用は全て税別表記となっております。
「公正証書遺言起案・作成」
遺言で扱う財産総額料金
4000万円未満7万8000円
8000万円未満9万8000円
1億2000万円未満12万8000円
1億2000万円以上ご相談
※費用は全て税別表記となっております。
ケーススタディ「生前贈与」
【ご依頼者】
70代のご夫婦。

【無料相談での内容】
生前贈与を検討しているのですが、資産価値が変わらずリスクが少ない方法はないでしょうか。

【実際のご提案】
保険料の贈与という方法はいかがでしょうか。商品の契約者は息子さんとし、実質的な掛け金の支払いをご両親が行います。

【結果】
年間110万円までは控除されますし、ご両親の財産が減ることで相続税も減免されるでしょう。アパートなどの収益物件を購入する方法も考えられますが、借り主が現れないと収益に関わるため、保険商品の活用をお勧めいたしました。

相続税申告サポートプランのご案内

相続手続きをご検討中の方へ
相続税の納付は、相続が開始されてから10カ月以内に収める必要があります。
当事務所では、一般的なサポートプランに加え、もめ事などが生じていないケースを想定した低額プランをご用意しました。追徴などを受けないためにも、早めの準備を済ませておきましょう。
プラン内容
「相続税申告低額プラン」
遺産総額費用
7000万円未満30万円
1億円未満40万円
1億5000万円未満50万円
2億円未満60万円
※費用は全て税別表記となっております。

【内容】
以下に挙げる5つの条件を満たす場合、簡易かつ低コストで相続税申告を進めることが可能です。お心当たりの方は、「相続関係説明図」「財産目録」「遺産分割協議書」などのご用意の上、ぜひご検討ください。

・遺産分割の内容がおおむね決定している
・相続人間でもめ事などが起こっていない
・相続開始から4カ月以上以内
・遺産総額が2億円未満
・被相続人と相続人の間で過去に贈与や預金移動がない
「相続税申告標準プラン」
遺産総額費用
7000万円未満30万円
1億円未満40万円
1億5000万円未満50万円
2億円未満60万円
2億5000万円未満75万円
3億円未満100万円
4億円未満130万円
5億円未満150万円
5億円以上ご相談
※費用は全て税別表記となっております。

【内容】
・「相続税申告書」「相続関係説明図」「財産目録」「遺産分割協議書」の作成
・遺産に含まれる財産の適正な評価
・生前贈与や預金移動の調査
・申告手続きの代行
・全般的なアドバイス

 【諸注意】
市役所や法務局などで支払う手数料などは、別途申し受けます。
個人事業主で準確定申告書の作成が必要な場合や、個別の事情により通常よりも多くの作業が生じる事案では、事前にお見積もりをさせてください。

相続に関する基礎知識

相続が発生した場合の注意点
まず必要なのは、遺言の有無を確認することと相続人・遺産の全てを把握することです。これらの確認を怠ると、相続税の納付をやり直す必要が生じるかもしれません。

また、「遺産分割協議書」は必ず作成し、相続人全員から署名となつ印をもらいましょう。凍結された口座を元に戻したり、不動産登記を変更したりするときに、提出を求められる場合があります。
相続税納付までの一般的な流れ
項目手続き内容定められた期日
相続発生最寄りの役所に死亡届を提出します。7日以内
遺言書の確認「自筆証書遺言」がのこされていた場合、裁判所による検認手続きを経て、遺言があることを法的に認めてもらう必要があります。目安として、四十九日法要の前後
遺産範囲の確定故人の財産のなかには、遺産に含まれるものと、そうでないものがありますので、注意しましょう。
相続人の特定連絡が取れない親戚に対し、戸籍謄本を収集することでたどっていきます。
相続放棄の判断債務が超過している場合は、「相続放棄」を検討してみましょう。ただし、一切の相続権を手放すことになります。3カ月以内
準確定申告被相続人が個人事業主の場合、その年の確定申告を、死亡した時点まで行う必要があります。4カ月以内
相続税の申告と納付被相続人の住所を管轄していた税務署に提出します。10カ月以内